読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もの思いの譜

ここには私が撮影した写真を中心に詩やエッセイを書き込んでいます。

写真 元旦の夜のオフィス街

f:id:nishio2409:20170115104310j:plain

f:id:nishio2409:20170115104357j:plain

f:id:nishio2409:20170115104358j:plain

f:id:nishio2409:20170115104359j:plain

f:id:nishio2409:20170115104402j:plain

f:id:nishio2409:20170115104404j:plain

f:id:nishio2409:20170115104406j:plain

f:id:nishio2409:20170115104407j:plain

◆ 写真    元日の夜のオフィス街

◆ コメント

2016年の11月ごろのこと・・いつも撮影に同行していただいている方に 

「元日の夜のオフィス街ってどういう風景になるんでしょうねえ?」  と聞いて

みた。

 私は視覚障害になってから東京に来たので東京の超高層ビル群などの情景は想像

してみてもなかなかイメージとして浮かばない。

 けれども・おそらく昼夜を問わず活動し続けている東京のオフィス街も、さすが

に元日の夜ぐらいは休むのではないだろうか・・ということで元日の夜のオフィス

街を撮影してみることになった。

 2017年1月1日の夕方6時ぐらいに有楽町から徒歩でオフィス街に入った。

ふつうの日ならどのビルも明かりがついて人が騒々しく動き回っているのだろうが

、想像以上にどのビルもすべて明かりが消えて人がまったくいない・車も時々しか

通らない。表通りはもちろん裏路地にも人がまったくいない。

暗いビルは巨大な墓石みたいでちょっと不気味な雰囲気が漂う。うちの近所の谷中

墓地の中にいるような感じである。

 しかしこの暗いビルのいくつかで、横1列 または縦一列だけ明かりをつけたビ

ルがあった。そこだけ仕事をしているのかなと思ったが、後でふとあれは 1月1日

の 1 という文字を表現していたのではないだろうか・・と気がついた。

 ともあれ元日の夜のオフィス街は想像以上に息をひそめた街だったのがよかった

。課題として水銀灯の明かりの影響が強すぎて一部が白っぽくなってしまうのをど

うすればいいのか・という問題に直面した。それも含めてとても面白かった。

写真 代々木公園 青の洞窟

f:id:nishio2409:20161214105640j:plain

f:id:nishio2409:20161214105641j:plain

f:id:nishio2409:20161214105642j:plain

f:id:nishio2409:20161214105644j:plain

f:id:nishio2409:20161214105646j:plain

f:id:nishio2409:20161214105648j:plain

f:id:nishio2409:20161214105652j:plain

f:id:nishio2409:20161214105654j:plain

f:id:nishio2409:20161214105655j:plain

f:id:nishio2409:20161214105656j:plain

◆ 写真    代々木公園 青の洞窟  2016年12月8日

◆  コメント

昨年 目黒川ぞいに行われて好評だったという 青の洞窟イルミネーションが今年

は代々木公園で行われている・・というネットの情報をみて撮影に行った。

名前を聞いただけで青い洞窟のイメージがふくらんで2,3日前から興奮していた。

実物は想像していたよりも薄いブルー色で、どちらかというと冷たい感じの色との

こと。しかし同行のガイドをしていただいた方は すごいすごいと興奮し・奥さん

よりも彼女と来たい!と言っていたので・・まあそういう感じなのだろうと思った

 昨年末に大手町のイルミネーションを撮影に行ったときは大混雑でリュックから

カメラを取り出すことができなかった・ということがあったので今年は渋谷駅につ

く前にカメラを出ししかも片手でも撮れるように魚眼にしてきた。

しかし平日の6時ぐらいということで公園はわりと空いていて、ゆっくり撮影でき

たのがよかった。

ただ写真全体が何となく不鮮明になっているという指摘を受けた・・今回は青い洞

窟ということだったので青を強調すべくホワイトバランスを蛍光灯にしてみたのだ

が、どうもこれが原因だったかもしれない。ネットの情報をうのみにしてはいけな

いという教訓だった。次からはちゃんと確認してからにしよう。

◆   西尾はり灸マッサージ治療室

◆ 〒110−0012 東京都台東区竜泉1−25−10 土屋ビル202

◆ 電話  03−6887−0006

WebSite: http://www.nishio-pc.sakura.ne.jp/

Mail: iela_asagaya@yahoo.co.jp

写真 宵の浅草風景

f:id:nishio2409:20161128125326j:plain

f:id:nishio2409:20161128125327j:plain

f:id:nishio2409:20161128125329j:plain

f:id:nishio2409:20161128125331j:plain

f:id:nishio2409:20161128125335j:plain

f:id:nishio2409:20161128125337j:plain

f:id:nishio2409:20161128125338j:plain

f:id:nishio2409:20161128125340j:plain

f:id:nishio2409:20161128125342j:plain

f:id:nishio2409:20161128125344j:plain

f:id:nishio2409:20161128125345j:plain

f:id:nishio2409:20161128125346j:plain

f:id:nishio2409:20161128125348j:plain

f:id:nishio2409:20161128125351j:plain

f:id:nishio2409:20161128125353j:plain

◆ 写真    宵の浅草風景

◆    コメント

東京は台東区に移転してはや3年が過ぎた。

はじめのころはここらあたりの空気がよくないのにちょっと閉口したが人間という

のはそんな環境にも慣れてくるもので、いまではとくに気にならなくなった・・い

いのだろうかこれで?

しかし台東区は何といっても江戸の下町風景がそこここに残っていて楽しい。

目の見えない私でも情緒ある風景も雰囲気も十分に楽しめる。そして狭い路地裏な

どですれ違うとくに高齢の方々の言葉がまさに下町の言葉である。落語の中に出て

くる男女の会話そのもの。まるで200年ほど昔の江戸を歩いているような気分にな

れる。

浅草は毎日がお祭りの縁日みたいで気分が盛り上がるが他の繁華街と違うのは夕方

6時を過ぎるとお店はそろそろ店じまい・飲み屋街はこれからだが一般のお店は早

くしめてしまうので宵になると急に人が少なくなるところが面白い。

昔はこういう下町風景はあまり好きではなかったが私も年をとったせいか、こうい

った味のある下町風景がとても好きになってきた。

なので写真はモノクロームのほうがだんぜん似合う気がする。

帰りに 下町バウムクーヘンのお店に寄ってお買い得だよ!というおばちゃんのア

バイスでお買い得を3個買った。

◆   西尾はり灸マッサージ治療室

◆ 〒110−0012 東京都台東区竜泉1−25−10 土屋ビル202

◆ 電話  03−6887−0006

WebSite: http://www.nishio-pc.sakura.ne.jp/

Mail: iela_asagaya@yahoo.co.jp

写真 団地

f:id:nishio2409:20161109104513j:plain

f:id:nishio2409:20161109104514j:plain

f:id:nishio2409:20161109104516j:plain

f:id:nishio2409:20161109104517j:plain

f:id:nishio2409:20161109104518j:plain

f:id:nishio2409:20161109104520j:plain

f:id:nishio2409:20161109104521j:plain

f:id:nishio2409:20161109104522j:plain

f:id:nishio2409:20161109104524j:plain

f:id:nishio2409:20161109104526j:plain

f:id:nishio2409:20161109104528j:plain

f:id:nishio2409:20161109104529j:plain

f:id:nishio2409:20161109104531j:plain

◆写真  団地

◆コメント

2016年11月3日 夕暮れ時 晴れ

東京北区にある赤羽台団地その隣の桐ケ丘団地を撮影

前者は1962年 後者は 1954年に東京で初めて建造された団地である。

もともとここらあたりは軍用地として開発されそこで商いなどで人が集まり当時は

かなりの活気があったようですが東京空襲では集中した空襲を受けたため多くの人

がここで犠牲になったようです。

戦後その地を整備して東京で初めての団地が作られました。

当時 赤羽台は公団が 霧が丘は都営として入居者を募集したところ100倍を超え

る応募があったようで当時として団地に住むことは流行の最先端としてのステイタ

スだったのかもしれません。

赤羽台のほうはすでに新しいマンションに建て替えられていてとてもきれいでした

が、細い道路を隔ててその隣の桐ケ丘はまっくらで廃墟の様相でした。

◆   西尾はり灸マッサージ治療室

◆ 〒110−0012 東京都台東区竜泉1−25−10 土屋ビル202

◆ 電話  03−6887−0006

WebSite: http://www.nishio-pc.sakura.ne.jp/

Mail: iela_asagaya@yahoo.co.jp

写真 夜景・東京駅

f:id:nishio2409:20160822150842j:plain

f:id:nishio2409:20160822150844j:plain

f:id:nishio2409:20160822150845j:plain

f:id:nishio2409:20160822150848j:plain

f:id:nishio2409:20160822150849j:plain

f:id:nishio2409:20160822150851j:plain

f:id:nishio2409:20160822150852j:plain

f:id:nishio2409:20160822150856j:plain

■写真    夜景・東京駅

■コメント

一度は撮ってみたかった夜の東京駅。

ここは超有名な夜景スポットなので、ネットで調べると撮影ポイントやその情報に

ついて詳しく書かれている。

 ちょうどお盆に入ったある日の夜、知人と目的の丸の内川のkitteビルのテラス

へ。この時期だからなのかいつもそうなのかわからないが、見学者はそれほど多く

はなく写真を撮っているのは私たちだけという状況で、思ったより空いていた。

 ネットでの情報では駅舎を全部入れるためには15mmの超広角が必要とあったので

私は15mmの魚眼をつけてきた。

 有楽町に着いてもまだ明るいので途中にある東京国際フォーラムで撮影・地下1

階は撮影OKとのことで天井の鉄骨などを撮った。

東京駅まで歩く途中でいくつか撮りながら19時ぐらいにkitteビルに到着。

目的のテラスはわりと空いていて待つこともなくそのまますぐに撮影できた。

テラスの手すりは少し幅があるのでそこにカメラをおいて撮ると三脚の代わりにな

る。ちなみにこのテラスでは三脚は禁止である。

写真 朝の日常の記憶

f:id:nishio2409:20160814102422j:plain

f:id:nishio2409:20160814102424j:plain

f:id:nishio2409:20160814102425j:plain

f:id:nishio2409:20160814102437j:plain

f:id:nishio2409:20160814102438j:plain

f:id:nishio2409:20160814102440j:plain

f:id:nishio2409:20160814102441j:plain

f:id:nishio2409:20160814102445j:plain

f:id:nishio2409:20160814102447j:plain

f:id:nishio2409:20160814102448j:plain

■ 写真    朝の日常の記憶

■ コメント

朝の通勤ラッシュを撮らせてもらった。夏休みに入ったとはいえ7月の暑い朝・混

雑した電車に乗って通勤する方々は本当に大変だと思う。私にも一応その経験はあ

るが視覚障害になったときからその必要がなくなった。ほっとした反面、一般社会

からだめ人間の烙印をおされて放り出されたみたいな寂しさもあった。あれからも

う40年が過ぎた。

あのころ私は混雑した電車も嫌いではなかった。たまたま同じ電車に乗り合わせた

人々をみて勝手な想像をふくらませて物語を作るのが好きだった。

 扉の近くで外を見ている髪の長い女がいる。おそらくその目に外の風景は映って

いないのだろう独特な寂しさを漂わせている。窓からの光はその美しい顔に独特な

影を形づくっていた。

 彼女には結婚を考えてもいいと思える恋人がいる。同じ職場のTである。ここ半

年ほど二人は職場の誰にも知られないようにひっそりと関係を重ねてきた。だがT

には妻がいることを昨日たまたま職場の友人たちの会話で知ったのである・・・。

ときどき窓の外に向ける目が少し赤いのは昨晩ほとんど寝ていないに違いない。今

日職場でTにどういう顔をすればいいのか・・どう問いただせばいいのか・・これ

から自分はどうすればいいのか・・その乱れて重い気持ちを抱えてこの電車に乗っ

ているのである。ぜったいそうだ!そうに決まっている!

◆   西尾はり灸マッサージ治療室

◆ 〒110−0012 東京都台東区竜泉1−25−10 土屋ビル202

◆ 電話  03−6887−0006

WebSite: http://www.nishio-pc.sakura.ne.jp/

Mail: iela_asagaya@yahoo.co.jp

写真 夜の銀座の影たち(2)

f:id:nishio2409:20160809092442j:plain

f:id:nishio2409:20160809092443j:plain

f:id:nishio2409:20160809092445j:plain

f:id:nishio2409:20160809092447j:plain

f:id:nishio2409:20160809092448j:plain

f:id:nishio2409:20160809092449j:plain

f:id:nishio2409:20160809092451j:plain

■ 写真    夜の銀座の影たち(2)

■ 一行詩    さめてゆく恋に落ちてゆく夜には夜の重さ