読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もの思いの譜

ここには私が撮影した写真を中心に詩やエッセイを書き込んでいます。

写真 歩道橋 エッセイ イメージを撮るということ

f:id:nishio2409:20150325111545j:plain

f:id:nishio2409:20150325111555j:plain

f:id:nishio2409:20150325111556j:plain

f:id:nishio2409:20150325111558j:plain

f:id:nishio2409:20150325111600j:plain

■写真   夜のあちら闇のこちら  歩道橋

■説明   イメージを撮るということ

一般に写真を撮るときは、お!いいかんじ!という風景や人物などとの出会いがあ

りそこでシャッターを押す。ということだと思う。

私の場合も同じように風景や人物との出会いから始まるのだが、人物は直接出会う

ので 撮らせてもらえますか!とお願いするので問題はない。しかし風景の場合は

自分では見ることができないから誰かに見て説明してもらう必要がある。これにか

なりの日数を要する、へたすると1ヶ月はかかる。さらに見る人が問題である。世

の中には絵や写真を見ても何も感動しない人もいれば、おおすごい!と感動する人

もいるし、さらにその感動のしかたも人によってまるで違うから、まずそういう人

と一緒に風景を見るという環境づくりが必要になる。

私の場合は幸いにも周囲にそういう人(ちょっと変わった人)がわりと多くいたこ

とがよかった。

 それでもそういう人が常に一緒にいるわけでもないので、目的の被写体を見つけ

るまでにえらく時間がかかる、このごろではインターネットである程度の情報はわ

かるようになったので目的地の候補を選ぶことはやりやすくはなったが、それでも

そこに行くまでにはかなりの時間というより日数がかかる。

 このことは最初、見えないもどかしさとともにかなりのストレスになった。しか

しこのごろでは逆にイメージを構築する時間が自分には必要なのだということに気

がついた。見たものを撮るのではなく頭で考えたイメージを撮るのだということで

あり、それを固めるための時間が必要・これが私の撮りかたであるということに決

着した(あきらめたともいう)。

実際に撮った画像をパソコンに移して保存するが、そのままだと後で何だか確認が

できなくなるので、これまた誰かに見てもらい構図や色調や明るさなどをチェック

する必要があるのだが、やはりすぐにというわけにはいかないので場合によっては

1週間ほど待たされる。

フォルダ名は日付と場所・ファイル名に見た目の明るさや構図・色調などを書き込

んでおく。これでいつでも自分のイメージとして管理ができるようになる。

見てもらうとき、時々 おー!と声が出ることがある。そのときは私のイメージに

近いのだと思う。もちろんしょぼいものもあるが後で露出のデータが参考になるの

でたいていは保存している。

このように一般の方にくらべたら相当に時間がかかる。しかしこれしか私にはでき

ないし逆にこういう撮りかたから生まれてくるものの中に何かあるはずだと信じて

いくしかないと思う。

■体のこと心のこと ご相談お問い合わせは

  西尾はり灸マッサージ治療室

  東京都台東区竜泉1−25−10

  電話 03−6887−0006

  http://www.nishio-pc.sakura.ne.jp/

  mail: iela_asagaya@yahoo.co.jp