読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もの思いの譜

ここには私が撮影した写真を中心に詩やエッセイを書き込んでいます。

写真 つつじな夜  随想

f:id:nishio2409:20150522190529j:plain

f:id:nishio2409:20150522190531j:plain

f:id:nishio2409:20150522190532j:plain

f:id:nishio2409:20150522190533j:plain

f:id:nishio2409:20150522190535j:plain

f:id:nishio2409:20150522190536j:plain

f:id:nishio2409:20150522190537j:plain

f:id:nishio2409:20150522190540j:plain

■写真   夜のあちら闇のこちら  つつじな夜

■随想   アダルトチルドレン

 私は鍼灸マッサージ師を業としています。最初はもちろんふつうの肩こりや腰痛

などよくあるこれらの症状の方々の施術が多かったのですが、10年ぐらいしたあ

るときから、なぜか うつ病 パニック障害 統合失調症など精神疾患の方々が多

くくるようになりました。 もともと私は意識・思考・情感など目には見えないこ

れらのものが好きでよくそういう関係書籍も読んでいたので何か基本的にそういう

 においのようなものはあったかもしれない。それに何よりも精神疾患で苦悩され

ている方々と接してみて、どうしてこんないい人たちが苦しんでいるのかと思える

ほど100%みんな私が大好きになれる人たちなのです。

このような方々をみていると、ある意味で自分にも周囲にも正直で素直な人たちで

あるようです。そのぶん うそをつけないとかうまくごまかす・というような社会

的な武器をうまく使えないということから苦悩が起きているようです。

その結果 人間関係がうまくいかなくて公私ともに孤独になったり叱られたり怒鳴

られたり落ち込んだり・・うつ病のように重くなってしまう場合が多いようです。

 このような方々の中に アダルトチルドレンと呼ばれる方々が少なくないようで

す。これは親や家族による暴言暴力、過干渉、世話の放棄、愛情不足、過剰に厳

格・・など幼いころの環境が子供にとって大きな不安の中で育ってしまった場合、

大人になっても大人としての人格や社会的な立場をうまく形成することができずに

学校や職場などで周囲との関係をうまく作れなかったり恋愛や結婚などで相手とう

まくコミュニケーションをとることができないなど、とくに人間関係での苦悩やト

ラブルのために社会生活に支障をきたしてしまうという症例です。

 このような症状の原因として・多くの場合親のどちらかがあるいは両方が同じよ

うなアダルトチルドレンである場合も多く、ご本人もそれを意識していないなど誰

も悪い人がいない中で親から子供にこのような苦悩だけが継承され続けているのが

このごろ顕著になってきているようです。

 私がこれまでにお会いしたアダルトチルドレンの方々には知的にも性格的にも本

当に優れた人が多く、頭脳明晰はもちろん芸術的に優れていたり、ものの見方考え

方がある意味で非社会的なところがとても魅力的だったりする。

私はこういった方々の抱えている苦悩をできるだけ軽くしたいと思いながら施術を

続けているのですが、それはこのような色彩豊かで面白い人たちがもつ独特な色で

社会をより豊かに染めてほしいと思うからです。

■体のこと心のこと ご相談お問い合わせは

  西尾はり灸マッサージ治療室

  東京都台東区竜泉1−25−10

  電話 03−6887−0006

  http://www.nishio-pc.sakura.ne.jp/

  mail: iela_asagaya@yahoo.co.jp