読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もの思いの譜

ここには私が撮影した写真を中心に詩やエッセイを書き込んでいます。

写真 マンモス団地夕景色   写真の説明

f:id:nishio2409:20150611142358j:plain

f:id:nishio2409:20150611142402j:plain

f:id:nishio2409:20150611142404j:plain

f:id:nishio2409:20150611142408j:plain

f:id:nishio2409:20150611142410j:plain

f:id:nishio2409:20150611142411j:plain

f:id:nishio2409:20150611142412j:plain

f:id:nishio2409:20150611142413j:plain

f:id:nishio2409:20150611142417j:plain

f:id:nishio2409:20150611142419j:plain

f:id:nishio2409:20150611142420j:plain

f:id:nishio2409:20150611142422j:plain

f:id:nishio2409:20150611142423j:plain

■写真   夜のあちら闇のこちら   マンモス団地夕景色

■写真説明

都内のとあるマンモス団地の夕暮れ時の風景です。

台東区の自宅から1時間ほどかかったので横浜の山下公園とほぼ同じぐらいの距離

です。

この団地は40年前、私がまだ視力があったころ会社の出張で上京したときに一度

だけここにきた記憶があり、そのときの殺伐とした都会のコンクリートの化け物み

たいな記憶のイメージと同じなのか違うのかということも興味のひとつでした。

撮影時間は19時から20時ぐらいです。1棟が14階建て横幅が100mほども

ある巨大な団地が数え切れないほどあって同行した人も驚いていました。駅の近く

にはスーパーなどもあってわりとにぎやかですが、少し奥に入ると人通りもなくひ

っそりとしていてちょっと怖いぐらいです。でもどれもおしゃれなマンションみた

いな外観で緑も多くて私のイメージとはずいぶん違うようでした。

こんな巨大な建物がどどどと重なり合っている風景を撮りたかったのですが相手が

大きすぎてフレームにおさまりきれていないようです。28mmですがもっと広角なレ

ンズが必要かもしれません。

最上階から見下ろした夜景も撮影しました。ちょうど雄飛が沈んだ直後だったよう

で団地の暗い明かりと夕日のオレンジとブルーから紺色に変化するグラデーション

がとてもきれいに写っているとのことでした。

夜景はともかく、コンクリートの色彩感は昼間のほうがいいかもしれないなと思い

ました。ご感想・ご批評などはメールでお待ちしています。 西尾

mail : iela_asagaya@yahoo.co.jp

■体のこと心のこと ご相談お問い合わせは

  西尾はり灸マッサージ治療室

  東京都台東区竜泉1−25−10

  電話 03−6887−0006

  http://www.nishio-pc.sakura.ne.jp/

  mail: iela_asagaya@yahoo.co.jp