読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もの思いの譜

ここには私が撮影した写真を中心に詩やエッセイを書き込んでいます。

写真 日中の暗

f:id:nishio2409:20160208192808j:plain

f:id:nishio2409:20160208192809j:plain

f:id:nishio2409:20160208192810j:plain

f:id:nishio2409:20160208192812j:plain

f:id:nishio2409:20160208192816j:plain

f:id:nishio2409:20160208192818j:plain

f:id:nishio2409:20160208192819j:plain

f:id:nishio2409:20160208192821j:plain

f:id:nishio2409:20160208192824j:plain

f:id:nishio2409:20160208192825j:plain

f:id:nishio2409:20160208192827j:plain

f:id:nishio2409:20160208192832j:plain

f:id:nishio2409:20160208192834j:plain

f:id:nishio2409:20160208192835j:plain

■ 写真    上野/浅草の夕暮れどき

■ 自分はいま何を撮りたいのか?

 現実の風景を見て確かめることは私にはできないが、それを心にイメージするこ

とはできるし、それを何らかの形にしたいと思う衝動が写真を撮るきっかけになっ

た。1年前にそれに気づいたのがうれしくて毎日のように夢中で写真を撮ってきた。

 そして・ものごとが明と暗に分かれるとしたら私は暗いほうからものごとを見て

そこから何かを形にしたいと思ってイメージしたらその一番の象徴は夜だった。

この1年はずっと夜の写真を撮ってきたが・・冬ともなると夜は冷える・一度家に

入ってしまうともう外に出て寒風にふかれることなど考えたくなくなる。情けない

が年齢を考えるとしょうがない。

 しかしこのままではいけない気がして、いろいろ考えた。そうだ!日中の風景に

だって暗はある。人の心には昼夜関係なく明暗もあるはずだ。

ということでこれまでは苦手にしていた日中の街に出て暗を探してみた。上野や浅

草の街や人にはたして暗はあるのか?いろいろ試してはみるのだが自分の中にある

もやもやしたものがスムーズに形になっていない気がしてどうもすっきりしない。

◆   西尾はり灸マッサージ治療室

◆ 〒110−0012 東京都台東区竜泉1−25−10 土屋ビル202

◆ 電話  03−6887−0006

WebSite: http://www.nishio-pc.sakura.ne.jp/

Mail: iela_asagaya@yahoo.co.jp