読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もの思いの譜

ここには私が撮影した写真を中心に詩やエッセイを書き込んでいます。

写真 御茶ノ水あたり

f:id:nishio2409:20160627092540j:plain

f:id:nishio2409:20160627092542j:plain

f:id:nishio2409:20160627092544j:plain

f:id:nishio2409:20160627092545j:plain

f:id:nishio2409:20160627092547j:plain

f:id:nishio2409:20160627092548j:plain

f:id:nishio2409:20160627092551j:plain

□ 写真   御茶ノ水あたり

□ ご案内

視覚障害者と写真家のための 「写真を言葉にして伝える」ワークショッフ?開催に

ついて

8月20日の視覚障碍者と若手写真家による写真教室の開催が決定いたしましたので、

そのご連絡をさせていただきます。

この写真教室では午前中の撮影会において、視覚障碍者の介助者として一定の時間

は必ず現役の写真家が介助者につき、いろいろとアドバイスや説明を行うという撮

影会を行います。

また、午後は既に私の写真教室に通われてカメラをお持ちの方はご自身の写真を持

参して、今後どのように写真を撮れば良いのかというアドバイス、または若手写真

家の写真を凹凸の立体して、それを視覚障碍のある方に対して説明を行ったり、さ

らには専門家による芸術と呼ばれている写真がどうしてそうなのかなどその写真を

立体写真にして説明してもらう機会などを設けています。

初めて参加をする視覚障碍者の方ももちろん大歓迎です。当日撮影して写真をもと

に午後はいろいろとアドバイスをさせていただきます。

参加のご連絡やご質問はこちらのメールアドレス info@daisukeozaki.com <mailto:

info@daisukeozaki.com>もしくは080-6507-7746までご連絡ください。介助者も若

干名募集しております。

「写真を言葉にして伝える」ワークショッフ?を今年も開催します。視覚障害とい

うハンテ?を持ちなか?らも写真を学ひ?たいという一般参加者とともに、写真とい

う視覚メテ?ィアの存在を改めて考えるワークショッフ?て?す。健常者の方は、ア

イマスクを着用した状態て?外に出ていき、写真撮影を行います。視覚障害者と同

し?状況て?撮影するという体験を通して、と?こにカメラを向け、と?んな瞬間にシ

ャッターを押すのか、被写体への興味をと?のように作品にしていくのか、言葉て?

相手に伝えるというコミュニケーションに特化したワークショッフ?て?す。また、

視覚障害者の方にとっては、様々な意図て?制作される写真家の作品に触れていた

た?くことて?、少して?も写真の魅力と理解を深めていたた? く機会になれは?と考

えています。

<概要>

主 旨:写真の面白さをもっと知りたい、写真の技術を身に付けたいという視覚障害

者の方々と、自分の写真をもっと突き詰めたい、新たな視点から写真を捉え直して

みたいという若手写真家のためのワークショッフ?て?す。

日 時:2016年8月20日(土)

集合時間・場所:JR 有楽町駅中央改札口前に9時30分に集合

場 所:カ?ーテ?ィアン・カ?ーテ?ン

9:30 視覚障害者集合(JR 有楽町駅中央改札口前)カ?ーテ?ィアンカ?ーテ?ンへ移動

10:30 撮影

12:00 食事休憩

13:00 作家フ?レセ?ンテーション

15:00 作品講評会

16:30 終了予定

参 加 費:無料(昼食代のみ自己負担て?す)

モテ?レーター:尾崎大輔(写真家)

作品講評:尾粼大輔/未定 募集定員:視覚障害者 約 15 名 写真家 約 10 名

主 催:カ?ーテ?ィアン・カ?ーテ?ン/日本視覚障害者芸術文化協会(http://

artforthelight.com/ <http://artforthelight.com/>)

申込締切:視覚障害者 先着順(定員になり次第締切らせていたた?きます)

写真家 8 月 2 日(日)(詳細は以下注意事項をこ?覧くた?さい)

そ の 他:見学のみの参加も可能て?す。

<申込にあたっての注意事項>

・撮影会て?は、テ?シ?タルカメラを使用します。お持ちの方は各自こ?持参くた?

さい。ない方には、ニコンのテ?シ?タルカメラをお貸ししますのて?、その旨を事

務局まて?事前にお知らせくた?さい。

視覚障害者の方】

・介助者の方の同伴有無について、お申し込み時にお知らせくた?さい。介助者か?

いない場合は、事務局側て?手配いたします。

【写真家(健常者)の方】

・写真家の方々には、視覚障害者を含む他の参加者とク?ルーフ?に分かれ、こ?自

身の作品を約 10 分程度て?フ?レセ?ンテー ションしていたた?くフ?ロク?ラムを

設けています。参加こ?希望の写真家の方には、事前に作品を5~6点提出していた

た?き、事務局か?視覚障害者の方か?触って分かる立体シートに出力いたします。

<ワークショッフ?モテ?レーター>

尾崎大輔(写真家)

1983 年三重県生まれ。早稲田大学社会科学部在学中にファッション雑誌て?の編集

の仕事を経て、写真家として活動を開始。卒業後、渡英。2007 年、London

college of communication(ABC diploma in photography)卒業。同年、 写真集

「写真は私たちの記憶を記録て?きるのて?すか?」、「無」(発行 PLACE M、発売

月曜社)、2010 年「ホ?ートレ ート」(月曜社)を出版。個展・ク?ルーフ?展多数。

2011 年より視覚障害者を中心に知的、精神障害者なと?様々な人を 対象としたワー

クショッフ?を多数主催。

尾崎大輔

web http://www.daisukeozaki.com/

mail info@daisukeozaki.com

tel 080-6507-7746