読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もの思いの譜

ここには私が撮影した写真を中心に詩やエッセイを書き込んでいます。

写真 団地

f:id:nishio2409:20161109104513j:plain

f:id:nishio2409:20161109104514j:plain

f:id:nishio2409:20161109104516j:plain

f:id:nishio2409:20161109104517j:plain

f:id:nishio2409:20161109104518j:plain

f:id:nishio2409:20161109104520j:plain

f:id:nishio2409:20161109104521j:plain

f:id:nishio2409:20161109104522j:plain

f:id:nishio2409:20161109104524j:plain

f:id:nishio2409:20161109104526j:plain

f:id:nishio2409:20161109104528j:plain

f:id:nishio2409:20161109104529j:plain

f:id:nishio2409:20161109104531j:plain

◆写真  団地

◆コメント

2016年11月3日 夕暮れ時 晴れ

東京北区にある赤羽台団地その隣の桐ケ丘団地を撮影

前者は1962年 後者は 1954年に東京で初めて建造された団地である。

もともとここらあたりは軍用地として開発されそこで商いなどで人が集まり当時は

かなりの活気があったようですが東京空襲では集中した空襲を受けたため多くの人

がここで犠牲になったようです。

戦後その地を整備して東京で初めての団地が作られました。

当時 赤羽台は公団が 霧が丘は都営として入居者を募集したところ100倍を超え

る応募があったようで当時として団地に住むことは流行の最先端としてのステイタ

スだったのかもしれません。

赤羽台のほうはすでに新しいマンションに建て替えられていてとてもきれいでした

が、細い道路を隔ててその隣の桐ケ丘はまっくらで廃墟の様相でした。

◆   西尾はり灸マッサージ治療室

◆ 〒110−0012 東京都台東区竜泉1−25−10 土屋ビル202

◆ 電話  03−6887−0006

WebSite: http://www.nishio-pc.sakura.ne.jp/

Mail: iela_asagaya@yahoo.co.jp