読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もの思いの譜

ここには私が撮影した写真を中心に詩やエッセイを書き込んでいます。

写真 上野公園 うつ病と体

f:id:nishio2409:20150106104442j:plain

f:id:nishio2409:20150106104444j:plain

f:id:nishio2409:20150106104446j:plain

■写真   上野公園 1月3日夕方

■   うつ病と体

 私の仕事は鍼灸マッサージ師である。この仕事をはじめて30年ほどになるが、今

から20年ほど前のこと、ある青年が治療にきた。彼は最初はボクシングのトレーニ

ングで体をこわして体全体が痛いので何とかしてほしいという内容だった。

 体中が強く緊張していて歩行時の動きもぎくしゃくしていてとても重症だと思っ

てそれを改善するための施術に専念した。3日おきぐらいに来院して2週間ぐらいで

かなり緊張もゆるんで彼も楽になったのだろう、そのあたりから彼の話の中に・・

実は自分は うつ病パニック障害があり精神病院に通院しているという話をする

ようになった。当初からそれを知っていたら治療を断ったかもしれないが体の治療

から始めたために、その話を聞いてもとくに違和感も感じなかったし施術が変わる

こともなかった。

 そういったことを半年ほど続けるうちに彼の体はもちろんだが精神症状もかなり

の改善がみられた。いまから思えば自律神経の症状が改善すれば精神状態もよくな

るのは当然なのだが当時は うつ病などの精神病は脳の病気というのが一般的だっ

たため、体の施術で精神病まで治ってくることに彼も私も驚いたし喜んだ。

 このことがきっかけで私は東洋医学で うつ病パニック障害統合失調症など

精神疾患のための治療ができるかもしれないと思うようになった。

体を通して精神にアプローチする治療は、精神症状が重い場合には効果がみられな

いし、すぐに効果が現れない場合も多いが、一定の条件が合うととても明瞭な効果

が現れる場合がある。私が過去にそうだったようにほとんどの人は、精神病は脳の

病気という意識があるため多くの人は はりやマッサージなんかで うつ病が治る

の?という疑念をもって来院される。そんな中で あ!これか!というふうに意識

が変わるきっかけが生まれ、もっとも基本になる精神力/体力の火が再燃するよう

になる。ただ何十年かかけて作られた性質や体質はそう急には変わらないから精神

症状がきれいさっぱりとなくなるようなことはない。それでも最低限の仕事や家事

は何とか続けられるぐらいには改善できる。

 もし現在そういった苦悩を抱えている人がいたら電話やメールなどでぜひ相談し

てほしいと思う。もしかしたら何か回復のきっかけになれるかもしれない。

■体のこと心のこと ご相談お問い合わせは

  西尾はり灸マッサージ治療室

  東京都台東区竜泉1−25−10

  電話 03−6887−0006

  http://www.nishio-pc.sakura.ne.jp/

  mail: iela_asagaya@yahoo.co.jp

       iela.nishio@gmail.com