読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もの思いの譜

ここには私が撮影した写真を中心に詩やエッセイを書き込んでいます。

写真  昼間の秋葉原

f:id:nishio2409:20160321093930j:plain

f:id:nishio2409:20160321093931j:plain

f:id:nishio2409:20160321093936j:plain

f:id:nishio2409:20160321093938j:plain

f:id:nishio2409:20160321093940j:plain

f:id:nishio2409:20160321093942j:plain

f:id:nishio2409:20160321093948j:plain

f:id:nishio2409:20160321093951j:plain

f:id:nishio2409:20160321093953j:plain

◆ 写真    昼間の秋葉原

◆ コメント    

先日の 夕暮れ時の秋葉原とほぼ同じ風景を昼間に撮ってみた。

モノクロにすると雰囲気がかなり違ってみえるようだ。

これまでカメラのことをほとんど知らないまま撮っていて、このまえふとネットで

得たことがある。それはモノクロには白とびがない/起きにくい ということ。

今回の昼間の秋葉原でそれを試してみたら・・露出補正をかなりオーバーぎみにし

ても絵として破綻しないということが実感できた。D750の露出補正は +-それぞれ

15段階あるが +10ぐらいまでは絵の表現として許容範囲だと感じた。それ以上

やるとちょっと絵としてどうかな・というレベルになるようだと思った。まあ白っ

ぽくはなるが輪郭は残っている・・いい実験になった。

と同時にモノクロ写真というのは見る人の感覚やイメージをぐっと深く広げるもの

だということも実感した。